新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件 -1-

 

“女の若さと美しさは金に換えられる”

 

東京都渋谷区にある高級デザイナーズマンション。
そこで外資系投資会社に勤める夫と共に暮らしていた妻。それは俗に”セレブ”と呼ばれる暮らしぶりであった。
2人の間に子はなく、そこは愛の巣。それで終わればよかったが—。

 

『新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件』の概要

2006年(平成18年)12月12日
東京都渋谷区のマンションの一室で、就寝中の夫が妻により殴殺された事件。
その後、殺害した妻により遺体は切断され、都内各所にこれらが遺棄された殺人死体損壊・遺棄事件である―。

 

created by Rinker
¥2,200 (2020/11/26 00:45:13時点 Amazon調べ-詳細)

事件の解説

一連の犯行 (殺害から死体遺棄まで)

2006年12月12日 午前6時頃


妻・三橋 歌織(当時32歳/以下:歌織)はソファーで眠っていた夫・三橋 祐輔(当時30歳/以下:夫)を中身の入ったワインボトルで何度も殴り殺害。
周囲にあったマットレスや家具などには大量の血が飛び散り、部屋は一瞬にして凄惨な殺害現場となった。

 

12月12日 時刻不明 (9時から10時頃と推察)


事件が発生したこの日、出勤しない夫を心配した同僚が夫の携帯に何度も連絡を入れる。ところがこれに応答がないことから、同僚は歌織の携帯に連絡を入れ、「自宅を訪ねたい」と同僚の身を案じた。
このときの歌織の対応に関する詳細は明らかになっていないが、恐らく「夫が帰っていない。私も連絡が取れない」といった台詞で対応したものと推察できる。
(これは後の15日に歌織が自ら捜索願を出したことから裏付けられる)

「夫の同僚の訪問」、「遺体の腐敗臭」といった懸念材料—、
時間の経過と共に焦りを感じはじめた歌織は、遺体の遺棄を画策。ところがその大きさと重さから、まずはこれを自宅で切断することに。
歌織は土やブルーシート、台車、キャリーケース、鋸(のこぎり)を購入する。

 

12月14日


遺体解体の手順は、まず横に寝かせたクローゼット内に土を詰め、そこで鋸を用いて解体作業を行った。尚、クローゼット内の土は血が流れ出ないようにする目的があったとされる。
(血の流出を懸念するのならば、浴槽内で行うのが合理的。歌織が遺体の解体になぜわざわざクローゼットと土を用いたのかは疑問である。
一説には、「殺害から2日間ほど、寝かせたクローゼット内に敷き詰めた土の中で遺体を保存していた」ともいわれている。すると、クローゼットでの解体はそこからの流れであったと考えられる)

この解体作業により、遺体は「頭部」「上半身」「下半身」「左腕」「右手首」の5つのパーツに分けられた。
歌織はこうして解体した遺体の遺棄を分散して実行することに―。
(犯行後、歌織はノートに以下のように書き綴っている。

「フット、ヘッド、ハンド、バラバラ、完了…」)

 

15日深夜から16日の早朝にかけて (殺害からおよそ4日後)


歌織は遺体の上半身を都内新宿区の路上に遺棄した。
尚、歌織はこの移動にタクシーを利用している。つまり歌織の乗車したタクシー、その車内には遺体の上半身が同乗していたことになる。

切断された上半身は二重のビニール袋に梱包されキャリーケースに入れられていたが、およそ4日経過した遺体はかなりの異臭を放っており、このときタクシー運転手は「臭いますね」と指摘している。これに慌てた歌織はすぐにタクシーを降車。
その結果として、降車地点の周辺路上(西新宿)に遺体の上半身を遺棄することとなった—。

【遺体の腐敗状況】
乾燥した12月の東京は遺体の保存に適していたとはいえ、2日目からは臭いが強くなる。3日目からは相当なものに。
遺体の遺棄の際、その道中のタクシー車内はおよそ4日経過した遺体を積載していた。しかも狭い密室である。二重のビニール袋に梱包されていたとはいえ、その臭いは相当なものであったことは想像に容易い。
当初、タクシー運転手はその悪臭に耐えていたものの、あまりの悪臭に耐え切れなくなった。そこで歌織に苦言を呈した上で、遠回しに降車を促したのではないかと筆者は推察している。

 

一方、残された下半身は、上半身の遺棄が思いのほか重く大変であったために、歌織はその遺棄現場を手近なところで考えた。その結果として、歌織は渋谷区内にある民家(空き家)の庭に遺体を遺棄した。

このとき歌織は下半身遺体の運搬を台車で行っていたことから、この民家は自宅からそう遠くない場所であったと推察できる。

残された頭部はバッグに入れ、電車に乗って都内町田市の芹が谷公園内に向かい、ここに遺棄。この際、歌織は深さ35cmほどの穴を掘り、そこに頭部を埋めた。
ちなみに、左腕右手首は生ゴミと同様の扱いで一般ゴミとして出され、隠滅された。

【遺体の状態】
頭蓋骨には8か所の挫創(損傷)と亀裂骨折(ひび)がみられた。

【歌織 死体遺棄の様子から窺えること】
女性である歌織にとって、成人男性の遺体(切り分けていたとはいえ)を持ち運ぶのはかなりの”重労働”。
尚、歌織の夫の身長は170cmとも175cmであったともいわれており、いずれにせよ比較的高身長の部類に入る。すると遺体の遺棄は必然と大変になる。そのせいか否か、歌織の死体遺棄の様子はどこかおざなりな印象を受ける。無計画で行き当たりばったり。
ちなみに、なぜ死体遺棄の実行が殺害から4日後であったのか―、
これについては、本記事では以下のように推察。

夫殺害後、歌織は遺体の処理方法に迷っていたと思われる。ところが夫の同僚の連絡などにより、ある種急かされた。その結果として、遺体の遺棄と併せて警察への捜索願の提出を決断。対外的には”悲劇の妻”を演じることにした。


やがて遺体が発見され、いよいよ事件が動き出す。事件の結末は【パート2】にて—。

 

created by Rinker
イースト・プレス
¥1,012 (2020/11/26 02:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です