オウム真理教男性信者殺害事件


これはオウム真理教が起こした一連の事件に関する記事です。本記事では【第2のオウム事件】について言及しています。

【第1のオウム事件】オウム真理教在家信者死亡事件


 

“あいつはシロクマに転生した”

 

『オウム真理教男性信者殺害事件』の概要

1989年(平成元年)2月10日―、
オウム真理教内で起きた信者同士による殺人。教団が起こした一連の事件における最初の殺人事件
オウム真理教「第2の事件」である。

 

事件の解説

本事件の被害者となったのは、教団に出家した信者T(以下:T)。
Tは出家後、教団幹部の村井 秀夫が責任者を務めるCSI(コスミック・サイエンス・インスティテュート)の電気班に所属し、電気設備工事などに従事していた。
(教団は後に省庁制を採り、教団の盤石な組織化を図ることになる。この頃はまだ「部班制」であり、CSIは後の教団兵器開発に携わる「科学技術省」の前身である)

 

その後、1988年の2月頃、Tは東京本部に転属。そこでオウム出版の責任者であった岡崎 一明の下で営業をさせられていた。
ところが自身に興味のない「出版事業」、さらには「営業」
。これに不満を抱いたTは上司である岡崎に「こんなことで修行になっているんですか?」と抗議した。さらには、「自宅に戻って自分で修行したい」と脱会を申し出た。
(Tの脱会の申し出には、この年の前年1988年9月22日に教団内で起きた過失致死事件(第1のオウム事件)が大きく関係しているとみられている。
「第1のオウム事件」となるこの過失致死事件を目の当たりにしていたTは、教団に対して猜疑心を抱くようになっていたほか、自身の身の危険も感じとっていたようである)

Tの抗議と脱会の申し出を受けた岡崎は、これを教祖の麻原 彰晃に報告。すると麻原は教団幹部らにTの監禁を命じた。
こうして、両手両足を縛られた状態で独房(コンテナ)に監禁されていたTであったが、これで教団に従属的になるどころかさらに反発を強め、尚も脱会を主張。
しかし頑なに脱会を要求するTの様子をみた麻原は、どうしてもこのTを自由の身にはできなかった。それはTが前年の過失致死事件の一部始終をみていたこと、そして教団に対して反抗的な態度をみせていることから、Tを解き放てば教団がひた隠しにしていた過失致死事件が露見されることは明らかであったからである。
このとき教団は、宗教法人認可の申請中であり、不祥事(過失致死事件)が表沙汰となることは是が非でも避けなければならなかった。そこで麻原は、Tを殺害するしかないと考えた。

 

1989年2月深夜―、
麻原はサティアン4階にある図書室に教団幹部5人(村井 秀夫、岡崎 一明、
早川 紀代秀、新実 智光、大内 利裕)を集めた。
そこで麻原は、「このままあいつ(T)を解き放てば、大変なことになる。最後にお前たち全員があいつの意思確認をして、オウムから逃げようという考えが変わっていなければ、ポアするしかないな。ロープで一気に絞めろ」と言って、Tの殺害を命じた。
(一説には、Tが麻原殺害を企図していたともいわれており、麻原自身も自らの身の危険を感じていたとも)

Tの殺害計画―、
予定どおり、麻原の命令を受けた幹部5人で実行されることに。大内がコンテナの外での見張り役、残る4人が実行役であった。
そしてTの殺害を実行―、
当初の予定では、Tに目隠しをした上で羽交い絞めに、そこでロープで首を絞めて窒息死させるという流れであった。
ところがその段において、Tが激しく抵抗。これに慌てた新実がとっさにTの首の骨を折って殺害するに至った。

T殺害の報告を受けた麻原は、「速く燃やす方法はないのか」「骨は粉々にできないのか」などと言って死体損壊・遺棄を急かした。
結果として、Tの遺体は焼却、そして骨は一片たりも残さずに粉砕された。そして粉となったTは敷地内にばらまかれ、風に消えた。
それは麻原の要求に応えた見事なまでの証拠隠滅であった。

 

この事件で2人目の殺害に手を染めたオウム真理教。
このとき初めて麻原は、殺人を肯定する「ヴァジラヤーナの教え」をT殺害実行犯5人に説く。そしてその中で、「あいつはシロクマに転生した」などと根も葉もないことを言ってのけた。
こうして麻原は自らの誤った行いを正当化していき、教団幹部らもこれに倣っていくことになる。

本事件は教団の暴走を加速させた事件といえるだろう―。

オラクルベリー・ズボンスキ(小野 天平)


第3のオウム事件】へ—。

 

【サティアン】
オウム真理教施設の名称。「真理」という意味を持つ。
サティアンには通し番号が付され、最終的に「第12サティアン」まで建築された。
コスト削減のために、サティアンの多くは信者の手によって建築されていた。それ故に、無機質かつ質素な造りであり、内装はまるで倉庫。外観はさながら工場のようであった。
本事件で登場するサティアンは、富士山総本部道場の隣に建っていた「第1サティアン」であると推察。


【ポア】
オウム真理教の教祖である麻原 彰晃―、
この麻原が自ら関与した殺人を正当化するための自説。
麻原曰く、殺害された被害者は生前の悪業によって、本来であれば地獄へ堕ちる。しかしポアによって死ぬことで、死後の地獄行きを逃れることができる。またそれだけではなく、より高い世界へ転生できるという。

 

created by Rinker
¥3,150 (2020/11/25 22:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です